MAP酵素(生理機能活性物質)とは?

MAP酵素(生理機能活性物質)とは?


生理機能活性物質は、健康な身体のバランスを守るために
欠かせないものであり、身体の働きを調節する役割をもった物質のことです。
ビタミン、ミネラル、 核酸、 酵素などがそうです。
また、 アミノ酸から作り出されるホルモン、神経伝達物質、サイトカインなども
生理機能活性物質のうちのひとつです。 細胞の生成やエネルギーの産生に関わり、
細胞の老化を防ぐとともに生体各器官の機能を正常に調節あるいは活性化させ、
免疫にも働きかけます。生理活性物質が不足すると生体の調節機能に支障が生じ、
様々な疾患の原因となる場合があります。

生理機能活性物質の必要性


私たちのカラダの中では、食べ物を分解したり、 エネルギーを作り出したり、
侵入してきた敵から身体を守ったりなど、絶えず様々な生命活動が行われています。
それらをうまく調節するために欠かせないのが生理機能活性物質です。
生理機能活性物質の主な働きには、
各器官の機能を正常にコントロールすること身体のエネルギーを作り出すこと、
身体の細胞を新しく作ること、身体の免疫力を支えること、
抗酸化作用による身体の老化を防ぐこと、
酵素やホルモンの働きを助けることなどがあります。
これらは、生理機能活性物質が正常に働くことによって、
細胞や臓器など体内の各器官が一定のバランスを保ちながら、
健康な身体を作り上げているのです。生理機能活性物質が不足すると、
それらの正常な機能は乱れ、さまざまな器官に疾患が現れます。
まさに私たちの身体がきちんと働くために欠かせない物質といえるのです。
近年の研究では、新たな医薬品として臨床応用されるようになったものもあります。
癌(がん)や肝炎の治療薬として用いられるインターフェロン、
血管拡張薬や分娩誘発薬などとして用いられるプロスタグランジンなどがあります。

ホルモンバランスの崩れによる不調


女性は歳を重ねると、個人差はありますが
身体の変調を感じることが多くなってきます。
イライラや不眠頭痛や倦怠感など、様々な症状が出てくるものです。
特に若い女性にも健康の不安を抱える方が多くなってきているのが現状です。
疲れやすい、ほてり・ふらつきがある、思うように食事が摂れない等、
女性の体調が悪くなったりする背景には、
さまざまな要素が関係していることが多いのですが、
原因は大きく分けて2つ考えられます。
「細胞の老化」と「ホルモンバランスの崩れ」です。
細胞の老化とは、全身に栄養を運ぶ血管や血液が汚れたり、
腸やお肌など、全ての部位がどんどん衰えていくことです。
全ての病は腸場から始まる。と言われているように、
腸が汚れていると様々な病気のリスクが高まります。
常に変化しつづける女性の身体。
デリケートな女性はストレスやダイエットでも体調を崩しがちです。
成人した女性の身体は常に変化し、特有のリズムを持っています。
それが生理から次の生理までの1サイクルです。
これは子宮内での妊娠に備えるためで、生理→卵胞期→排卵→黄体期→生理
という順に25~38日間ほどで一巡します。この生理周期にともなって、
脳や卵巣から分泌されるホルモンの働きが身体や心の動きに影響を与えるのです。

ホルモンバランスを整えるMAP酵素


ホルモンバランスの崩れとは、「エストロゲン」という
女性ホルモンの分泌が減少するということです。
エストロゲンは女性を最も女らしくさせるというホルモンで
気分を安定させる、記憶力を活性させるなど、
脳にとっても重要な役割を果たしています。よって、
女性の健康には細胞の老化を防ぐ「抗酸化成分」 と「ホルモンの調整成分」を
自然な形で身体に取り入れる事が重要となります。MAP酵素は、
女性の辛い症状に作用して生理機能活性物質が身体のリズムを整えてくれ、
女性に嬉しい効果があると言われています。大学病院の臨床試験によると、
MAP酵素は身体のホルモン生成を順調に機能させる働きをすることが判明しています。
MAP酵素は発酵菌の一種で、生体に必要なアミノ酸の連結したものなので、
きわめて安全で一般の食品と同じように食べことができます。
また、従来のホルモン剤と違い、卵巣や睾丸を摘出した人々にはその作用は表れず、
ホルモン生成も行なわれません。
ホルモン剤と異なり、副作全く無い安全な成分なのです。