水溶性βグルカン(β1.3-1.6)とは?

水溶性β グルカンとは?


水溶性β- グルカンは食物繊維であり、
ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類をグルカンと呼びます。
グルカンはその化学構造からa型とβ型に分けることができ、
a-グルカンは幾つかの種類に分かれており、
β-1, 3-1, 6- グルカンと呼ばれるものには「免疫向上作用」の効果があります。
β-グルカンは、ブドウ糖がたくさんつながった多糖類の一種です。
糖類は、その最小単位が1個の糖から成るものを単糖類、
2個の単糖が組み合わさっているものを二糖類、
10個以上がつながっているものを多糖類と呼びます。
多糖類にはグルカンやデキストリンなどがあります。
アウレオバシジウム(黒酵母)水溶性β- グルカンは、β型のつながりをしており、
幹(主鎖)にたくさんの枝(側鎖)がはえたような特殊な構造をしています。
幹は「1,3」という構造で、 枝は「1,6」という構造をしているため、
「β-1,3-1,6 グルカン」と呼ばれています。
若々しさの持続、身体機能の維持などは「健康」であればこそ可能ですが、
その健康を支えているのが「免疫機能」です。
水溶性β-グルカンはその免疫機能を活性化する成分として、
アメリカを始めとする、健康先進国で大きな注目を集めているのです。

自然免疫の重要性


免疫とは、人間や動物などが持つ、 体内に入り込んだ「異物を排除する機構」です。
人間の細胞 (約40~60兆個)は新陳代謝(ターンオーバー)によって、入れ替わりますが、
1日(約 6,000 億個) 産生される細胞の中でも、癌化してしまうものが多数存在します。
それらの癌化した細胞を、NK(ナチュラルキラー)細胞が排除しています。
自然免疫を上げるということは病気を治す可能性を高めること。
そして、病気になるリスクを減らすということに繋がるのです。

 

身体の免疫活性(免疫賦活)


水溶性日グルカンは腸に屈き、癌化した細胞へ攻撃するマクロファージ、
NK細胞を活性化する働きがあることが分かっています。
私たち人間の消化器官には、外から侵入してきた病原体やウイルス、
有害な化学物質の他、体内で毎日約5,000個も発生するといわれる
癌細胞などから身を守る「免疫防御機能」が備わっています。
「免疫防御機能」は、様々な免疫細胞がともに働くことで機能しますが、
その中でも特に重要なのが「NK(ナチュラルキラー)細胞」です。
血液によって常に全身を回り、癌細胞やウイルス感染細胞を発見すると、
攻撃、死滅させる働きがあるのです。60~70%が腸に存在するといわれているNK細胞。
この働きをサポートするのが水溶性β-グルカンなのです。
水溶性β- グルカンは、摂取すると胃で消化されずに腸まで届き、
腸内でNK細胞を含む免疫細胞を刺激、活性化させ、身体の免疫力をアップさせます。
活性化されたNK細胞やマクロファージはお互いを活性化し合い、
さらにはリンバ球T細胞の一種であるキラーT細胞までも活性化に向けて誘導するため、
免疫向上作用がより高まります。これらのことから、水溶性β-グルカン(β-1,3-1,6)の
免疫活性(抗腫癌活性)に注目が集まっているのです。
まさに、健康維持や病気予防の強い味方になるのです。

 

血中コレステロール値の正常化


私たちの身体は、血液中のLDL (悪玉) コレステロール値が高いと、
血管壁を厚くして血液の流れを悪くする為
動脈硬化など生活習慣病の原因になるといわれています。
その為、LDL-コレステロール値と総コレステロール値を正常値に保つことが重要なのです。
水溶性β-グルカンには、コレステロールの吸収を抑制し、
総コレステロール値を正常に保つ働きがあることが分かっています。

 

血糖値の抑制


水溶性β- グルカンは、水に溶けると水分を吸収しゲル状になる性質があります。
そのため、水溶性β-グルカンと一緒に食事を摂ると、
胃の中で食べ物にからみつき糖質の消化・吸収がゆっくりとなり、
食後の血糖値の上昇を穏やかにします。
また、食後の血糖値上昇が穏やかになることで、
すい臓でのインスリンの過剰な分泌を防ぎ、空腹時血糖値の上昇も抑えられます。
このことから、糖尿病予防にも効果が期待できるのです。

 

腸の働きを正常化し便秘解消


腸の中で300~1000倍の水分を取り込み膨張する水溶性β-グルカンは、
消化・吸収されずにほとんどが便として排出されます。さらにその際、
便に混ざった水溶性β-グルカンが水分を抱え込んで便をやわらかくし、かさを増加させます。
かさが増加すると腸壁が刺激され、排便を促すぜん動運動が活発になり、
便秘を解消する働きを促進します。