LPS(リポポリサッカライド)とは?

LPS(リポポリサッカライド)とは?


LPSはグラム陰性菌の細胞表面にある物質で、
野菜や穀類などの植物に多く存在している
パントエア・アグロメランス菌などに由来する成分です。
LPSは主に土壌に含まれる細菌の一成分ですから、
土で育つ野菜や穀類に多く含まれています。
様々な微生物が共生する土壌で育った野菜や穀類、豆類、
さらには微生物が豊かに生息する海で摂れた海藻などにも
LPSは豊富に含まれています。
LPSを摂ることでマクロファージを要とする自然免疫力が向上します。
現代人に多い、生活習慣病の予防・改善などに期待できます。
さらに LPS には老化予防や美肌効果もあります。
LPSは私たちの健康維持に、強く貢献してくれるのです。

LPSは身体の免疫ビタミン


LPS は免疫機能を正常に保ち、活性化させ健康な状態をつくるはたらきがあります。
LPSの最も良く知られているはたらきは「マクロファージの活性化」です。
マクロファージは自然免疫の中心的細胞で、 体中に存在しており、
細菌やウイルスから身体を守ったり、傷の修復を助けたり、
新陳代謝の調節に欠かせないはたらきをしています。 従って、
マクロファージを活性化する LPS は、感染防御、 創傷治癒、
代謝調節の機能を高めるといわれています。
具体的な予防・改善としては癌予防、アルツハイマー予防、アレルギー予防、
花粉症抑制、うつ病予防、感染症予防、高血圧予防、糖尿病予防、脂質異常症予防、
老化予防、骨粗しょう症予防、認知症改善、アトピー性皮膚炎改善、
胃潰癌治癒やけど改善、傷の早期回復、寝痛・神経痛の緩和、手術後の鎮痛効果、
薬の副作用低減・改善などに期待ができます。
LPSには、現代人が陥りがちな生活習慣病の予防から、
これまで薬に頼ることしかできなかった病気の改善に至るまで、
様々な効果があることが明らかになっています。

病気を根本的に治すためには、何より自分の自然治癒力、
つまり自然免疫を高めることが大切なのです。

LPSの「驚きのチカラ」


■免疫構胞を活性化して病原体を選治する:
感染症を予防するためには、体内でその原因となる
病原体に悪さをさせないことが必要。LPSはマクロファージを活性化させ、
感染症に強い身体になるだけでなく、
インフルエンザワクチンの効果を向上させる働きがあります。

■骨サイクルを促進し骨の若返りをサポート:
骨は常に破壊と形成が繰り返される
「骨サイクル」によって強度を維持しています。
加齢と共にその骨サイクルが乱れることで、
骨粗しょう症の原因となります。
骨のマクロファージを活性化させ骨サイクルを促進します。

■獲得免疫のバランスを制御:
アトピー性皮膚炎は獲得免疫のバランスが崩れることが原因です。
獲得免疫をコントロールするのは自然免疫であり、
その司令塔である肌のマクロファージを活性化に導くことで
バランスが整い、肌の炎症などが予防改善されます。

■HDL を減らさず LDL だけを減らす効果:
現代代人に多い動脈硬化などの原因である脂質異常症(メタボ)とは、
血液中に LDL悪玉コレステロールが、過剰に増加している状態を指します。
LPSにはHDL玉コレステロールを減らすことなく、LDL悪玉コレステロール
だけを下げることができる驚きの効果があるのです。

■癌細胞を除去し、抗がん剤副作用も制御:
私たちの身体には1日5,000 個もの癌細胞が発生します。
その排除に努めているのがマクロファージとNK組胞です。
LPSは、このマクロファージだけでなく、
NK細胞も同様に活性化することが分かっています。
また、抗癌剤による様々な副作用をコントロール制御するだけでなく、
その効果を増強させるはたらきもあるのです。

■アルツハイマー病を未然に予防:
認知症に至る場合その60 70%がアルツハイマー病が要因といわれています。
このアルツハイマー病の特徴として、
脳内にアミロイドβという物質が増加します。アミロイドβとは、
脳内にシミのようにできてくるもので、繊維状の不溶性物質です。
このアミロイドβが脳内の神経細胞を犯すことで認知症の症状が出ます。
アミロイドβは老化に伴って、 ある程度できてくるものなのですが健康であれば、
脳内のマクロファージであるマイクログリアが処理してくれます。
アルツハイマー病はこのマイクログリアが、
アミロイドβを処理する能力が低下することが原因といわれています。
このことから脳内のマクロファージを活性化するLPSは、
アルツハイマー病の予防にも期待できるのです。

 

LPSによる美容・美肌効果


■陽内環境を整え便秘を解消:
腸内細菌由来の LPSは、腸の壁動運動を活性化することが分かっています。
身体の細胞数よりもはるかに多い100兆個と言われる腸内細歯ですが、
このうち半数は LPSを持つグラム陰性細菌です。
腸内のグラム陰性細菌から遊離する LPS が、陽のマクロファージに作用すると、
BMP2という物質を出して腸の神経細胞を刺激します。
すると神経細胞は外筋層に壁動を促し、腸が正常にはたらくので、
便秘予防・改善につながり、痩身ダイエット効果にも期待できるのです。

■肌のハリツヤを高め、若々しい肌をつくる:
肌を構成している要の存在である「線維芽細胞」が増殖することで、
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった主要成分の合成が活発になります。
その線維芽細胞の増殖を促しているのが、肌のマクロファージなのです。
LPSでマクロファージが活性化することで、
肌の新味代謝が高まりターンオーバーが促進され、
シミ、シワのない透明感のある、
加齢に負けない若々しい肌を維持することができるのです。